鉄棒の練習器具

逆上がりの習得に特別な練習器具は不要です。使うのは

だけです。
(後は指導者の方におすすめの書籍も一つご紹介します)

何より鉄棒。できれば室内がおすすめ

鉄棒が必要なんて当たり前ですが、これがなかなか無いんです。近くに鉄棒がある方はこれはクリアーですね。

近くに鉄棒がない我が家では室内鉄棒を購入しました。
買って大正解。鉄棒が上達しただけでなく全身の運動能力が伸びたうえに、いつでも運動遊びができてテレビの時間も減りました

いつでもできるというのが室内鉄棒の一番のポイントですが、それ以外にも、安全性と練習のしやすさというメリットがあります。

まず安全性。高さは自由に変えられるので、怖がらない低い位置で練習できますし、下にクッションを置けば落ちても痛くありません。
痛くない=怖くないというのは大事です。怖さが勝ってしまうと練習したがりません。

外で練習する場合も怪我の無いよう、よく見てあげましょう。

近所に鉄棒があるなら購入する必要は無いかもしれませんが、雨の日・雪の日だって鉄棒で体遊びをしてくれるのはうれしいですよ。

改めて、鉄棒って遊具なんだと実感しました。室内で体を使って一人でも遊んでくれるおもちゃなんて、そうそうありませんよ。ほんとおすすめ。

特別高価なものでなくても構いません。ベースボールタウンが販売する7500円程度の鉄棒を使用していますが、文句なしです。

子供が使わない夜などは物干しとして活躍しているときもあります^^;。助かってはいますが、子供がいるときは洗濯物は置かないほうがいいですよ。いつでも使えることが大事ですから。

「鉄棒」をAmazonで見る 別ウィンドウで開く

高いけど大人も使える室内鉄棒も

上記の7500円程度の室内鉄棒で子供の練習には満足です。ただ一つだけ不満をあげるなら体重40㎏までの対応ということ。

大人は使えないんですよ。子供でも40㎏を超えたら使えない。

子供がくるくる回っているのをみると自分も鉄棒をしたくなるんですが、ぐっとこらえてます。

そんな折、2015年3月にもっと耐荷重の高い、70㎏まで対応の室内鉄棒が出ました。お値段は約23,000円とちょっとお高いです。

必ずしも大人がお手本を見せる必要はないですが、見せられるといいのにと感じる時もあるので、欲しい気持ちはあります。高さ調節もこちらのほうが簡単ですし。
手本をあまりしつこく見せると子供のやる気がなくなるので、やりすぎる私は40㎏対応でよかったんだと自分に言い聞かせてます。

「鉄棒 耐荷重70kg」をAmazonで見る 別ウィンドウで開く

長めのタオルが使いやすい

逆上がり練習の初期はタオルを使います。普通のタオルです。
タオルをベルトにように腰に当てて、両端を鉄棒と一緒に握って、腰が落ちないように支えにします。(詳しくは「練習方法>逆上がり」で解説しています)

一般的なフェイスタオル(ハンドタオル)では短い場合はマフラータオルやスポーツタオルがおすすめです。

フェイスタオルの長さはおよそ85㎝(75~90cm)です。マフラータオルは長さが120㎝と長く使いやすいです。また幅が20㎝程度と細いのもいいところ。
バスタオルも同じくらいの長さですが太すぎて、補助に使おうと思うと布が余って使いづらいです。長くて細いタオルが便利です。
普通に汗を拭く場合にも細長いタオルはかさばらなくて便利ですよ。

マフラータオルやスポーツタオルでも短いものもありますから、購入する場合は長さを確認しましょう。

「マフラータオル」をAmazonで見る 別ウィンドウで開く

大人の膝、無料

ひざを使って練習

あとは膝です。足で地面をける感覚と後ろ足の振り上げ方向をつかみます。

タダですね。ある意味priceless(プライスレス=金銭には変えられない貴重なもの)。

ひざを使っての練習についても詳しくは「練習方法>逆上がり」で解説しています。

指導者におすすめの本

この本、体操の元日本代表である米田 功さん監修なんですが、すごくいいです。写真が豊富ですしそれぞれの説明がわかりやすい。

鉄棒技の説明はこのサイトで十分だと思うのですが、書籍として何かほしいという指導者の方などにはこの本がおすすめです。

薄い本で価格も1400円とお手軽なんですが、充実の内容。

このサイトにある鉄棒技の全ては掲載されていないのですが、逆上がりはもちろん結構な数が解説されています。
さらに鉄棒以外の、マット運動、跳び箱も写真と解説が充実しており、幅広く使えます。

「とび箱・鉄棒・マット運動上達のコツ50」をAmazonで見る 別ウィンドウで開く

上に