プロペラ回り-正しい形とやり方・練習方法

鉄棒「プロペラ回り」

プロペラ回り

プロペラ回りは鉄棒に対して横向きに回転する珍しい技です。

手順は、

  • 鉄棒にまたがります。この時、股に体重を乗せると痛いので、少し横にずらして片側の太ももの付け根で鉄棒に乗るようにすると楽です。
  • 頭を勢いよく横にたおし、上半身を下に落とすイメージで回転します。同時にあしり上げるようにして、体をまっすぐに保ちます。
  • 一回転して上に戻ってくれば成功です。
  • できるようになったら連続回転に挑戦しましょう。比較的、連続回転がしやすい技です。

今までやっていない横方向への回転に怖さを感じ、怖さから勢いよく回れないケースがあります。また体を縮めてしまうと回転の半径が小さくなり、スピードが出ません。
背筋をしっかり伸ばして、勢いよく回りましょう。

鉄棒を握っていれば落ちることはありませんので怖がらずに回りましょう。逆上がりができるなら、体を支える筋力は十分備わっています。

また、上半身を落とそうとして体が横に”くの字”に曲がってしまうと勢いが止まってしまいます。体をまっすぐに保ち、上半身を落とすと同時にあしり上げましょう。

鉄棒にまたがると痛いので、少し横にずらして片側のあしの付け根で鉄棒に乗るようにしたほうが痛みが少なく楽です。手に体重をかけて体を支えても良いですが、その場合は回転時の体重移動が難しくなります。

プロペラ回りの動画

この動画では足をクロスしています。足が離れてしまうと回転力が鈍るので、足を揃えているのが難しい場合はクロスするとやりやすくなります。

上に