伸膝しんしつ後方支持回転こうほうしじかいてん-正しい形とやり方・練習方法

鉄棒「伸膝後方支持回転(しんしつこうほうしじかいてん)」

伸膝しんしつ後方支持回転こうほうしじかいてん

ひざを伸ばしったまま行う後方支持回転こうほうしじかいてんです。あしで体を支えられないので屈膝くっしつより難易度が高いですが、基本的な動きは同じです。

  • まずツバメの姿勢しせいを取ります。
  • ひじを伸ばし、あしを後ろにり上げて体をスイングします。
  • 逆上がりの要領で回転します。前にった足が鉄棒を超えたところで頭を後ろにって上半身を後ろにたおします。わかりにくいときは、おなかが鉄棒にれた瞬間に後ろにたおしましょう。こうすることでスイングの勢いを回転に変えられます。
  • 体が常に鉄棒にれているよう、しっかり引きつけます。この時、ひじは少し曲がります。
  • あしが鉄棒の向こうに行ったら、体を固くするように力を入れます。
  • この状態で頭を上げ、下半身に重心じゅうしんを移動すると無事一回転できます。
  • 一回転できれば連続回転に挑戦しましょう。

回転の前にしっかりスイングすることが大事です。何度か体をってタイミングを計りましょう。

回転を始めたらおなかが鉄棒から離れないようにしっかり引き付けてください。隙間ができると体が鉄棒の下に来た時に落ちてしまいます。

ひざ・背中は伸ばしたままですが、あしの付け根部分からくの字になり、あしを鉄棒の向こう側へもっていきます。

屈膝くっしつ以上にスピードとタイミングが重要な技です。

伸膝しんしつ後方支持回転こうほうしじかいてんの動画

大きなスイングから、スピードを生かして勢いよく回っていますね。

非常にきれいですね。ここまでできれば、さらにスイングを小さくしても回れると思います。

スイング無し。よく見ると若干後ろに重心じゅうしんを移動してから回転を始めています。かなり高い技術です。

上に