足かけ後ろ回り(あしかけうしろまわり)-正しい形とやり方・練習方法

鉄棒「足かけ後ろ回り(あしかけうしろまわり)」

足かけ後ろ回り(あしかけうしろまわり)・足かけ後転

逆上がりと同じ、後ろ向きに回転する感覚を身につけます。ここまで来たら逆上がりまでもう少しです。

特に、大きなスイングができるようになると逆上がりの感覚がわかってきます。ここで「足かけ前回り」の練習が生きてきます。

背中とかけていないほうの足をまっすぐ伸ばしてください。足・背中が曲がると回転が弱くなり、途中で止まってしまいます。

かけたほうと反対の脚を前後にスイングして勢いをつけます。かける脚はどちらでも構いません。回るときはスイングした足で遠くを蹴るように。

伸ばした足をしっかり前後にスイングして勢いをつけます。勢いがついたらスイングした足で遠くを蹴るようなイメージで振り出して回転します。

かけているひざ裏が痛いことがあるので、鉄棒にタオルを巻くなどして回りやすいようにしましょう。

「足かけ後ろ回り」の動画

回り始める前にしっかりスイングができていますし、回転中の後ろ足がしっかり伸びていてきれいですね。

上に