ダンゴムシ(ぶらさがり・持久懸垂)-正しい形とやり方・練習方法

鉄棒「ダンゴムシ(ぶらさがり・持久懸垂)」

ダンゴムシ(ぶらさがり・持久懸垂)

ひじを曲げた状態で鉄棒からぶら下がります。10秒できるようになれば合格です。

この練習により、体が浮いた状態でも体勢をキープできるようになり、逆上がりなどの回転技で、ぶれずにきれいに回れるようになります。
体を支える腕力、握力も身につきます。

下半身は、膝を閉じ、両足はぴったりつけます。膝から足の甲までが一直線となるよう伸ばします。
上半身は、腕が脇腹につくようわきを締めて、目線が鉄棒の上に来るようにしましょう。もっと上でも大丈夫なら、顎が鉄棒の高さまで来るようにしましょう。

「ダンゴムシ」は他の技ができなくても試せますので、初期のうちから練習に取り入れるのをおすすめします。逆に10秒をクリアーしなくても他の技に進んでかまいません。

日々の練習に取り込み、継続的に行うことが大事です。
上に